シマノ スピニングリールBEST BUY。

スポンサードリンク

シマノスピニングリール入門!

初めてシマノのスピニングリールを購入する方に向けて、よく迷うであろう機種それぞれの特徴をまとめてみました。

私が初心者の頃、リールをチョイスするときに気にしていたのは、自重、ボールベアリング数、価格。

たったそれだけの要素でリールを選んでいました。

でも本当はもっとチョイス時に気にして欲しい点があります。

そこで、どんなところが違うのか比較し、ざっくりとまとめてみました。

’16ナスキー

自重  250g(2500HGS)
ボールベアリング数  4
定価  12,500(税抜き)

コスパは良い

まずはエントリーモデル、’17ナスキー。

X-SHIP,HAGANEギア(耐久アルミ冷間鍛造ギア)、コアプロテクト…

とこれまでエントリーモデルに搭載されていなかった仕様が標準となり、ついにここまできたか、というハイコストパフォーマンスエントリーモデル。

特にギア素材が、亜鉛ギアから、ハガネギアになったのは大事件。

少し前まで、定価3万円以上のリールにしか搭載されていなかった仕様です。

これにより、巻きごこち、耐久性は大きく向上しているはずです。

重い樹脂ボディ

ただし、バス釣りに使うには、自重の重たさはいかんともしがたいところ。(2500HGSで、250g)

マテリアルは、樹脂ボディ+樹脂ローターの組み合わせ。

ソルトのジギングなどに、キズや汚れを気にせずガンガン使いたい場合はオススメですが、バス釣りのライトリグ使用時には重さがアダとなりそうです。

軽けりゃいいってもんでもないですが、基本的には「軽量=感度」。

ロッドとのバランスを考えて、あえて重たいリールをチョイスする事はありますが、この自重ではそれ以前の問題。

ここはもう少し頑張って欲しいところです。

キャップ固定式のハンドル

ハンドルがねじ込み式ではなく、キャップ固定式なのも大きなマイナスポイント。

キャップ固定式

写真は、キャップ固定式の例。

キャップ固定式は、ハンドルに長いシャフトのようなモノが付いており、それをメインギアに通して、反対側のキャップで固定します。

ハンドルを回すと、反対側のキャップもぐるぐる回るので、「供回り式」とも言いますね。

剛性感や耐久性が劣る、と言われています。

やっぱりブレます。以前ナスキーの古いモデルを使っていましたが、気になります。

ねじ込み式

対して、ねじ込み式は、メインギアとハンドルを直接ねじ込んで固定する方式。

一定以上のクラスのリールはすべてこの方式。

ベールとラインローラー

「ワンピースベール」は不採用。

ベールとラインローラーの形状の段差が大きく、ライントラブルの元になりそうです。

ナスキーまとめ

コストパフォーマンス的には魅力もありますが、安価な分、しわよせも確実にある、というのが正直なところ。

’17アルテグラ

自重  240g(2500HGS)
ボールベアリング数  5
定価  16,800(税抜き)

続きましては’17アルテグラ。

個性を失った

旧モデルは、ヴァンキッシュを筆頭とする、「クイックレスポンスシリーズ」の最廉価モデルとして、ci4+製ローターを装備。

タダのエントリーモデルではない、とがった個性を持ったリールとしてその地位を築いていました。

しかし、’17年にモデルチェンジした今作は、「コアソリッドシリーズ」へ方向転換。

ローターは高強度樹脂製へとダウングレード。

ローター自重も重くなり、売りだったポイントは消滅。

ただのつまらない廉価リールに成り下がってしまいました。

進化している点も

ただしメインギアの素材が亜鉛ギア→超々ジュラルミンになっていたり(ナスキーと同じですね)、

剛性感や重量バランス、巻き心地などは世代を経て熟成はされているはずなので、一概に良くない、とは言い切れませんが。

前作のとがった個性は薄まったように思います。

「コレじゃないと!」感がなくなってしまった。

’15ストラディック

自重  230g(2500HGS)
ボールベアリング数  6
定価  25,200(税抜き)

そして’15ストラディック。

ストラディックCI4+の廉価版ではありません。

明確に狙いどころが違うのが、このストラディック。

アルミボディ

ボディ素材はタフネスなアルミボディ。

耐久性や剛性感は、下位モデルの高強度樹脂製ボディのリールとはケタ違い。

さらにストラディックci4+よりも、剛性感はこちらが一枚上手。

ワンピースベール

ワンピースベールは、ストラディックから上の機種に搭載されています。

簡単にいうと、ラインローラーとベールが一体成型のベールになります。

ラインが当たる部分なので、段差が少ない形状の方が良いだろう、という事ですね。

これ、効果絶大でライントラブルが大幅に減りますよ。

ローター形状

兄弟機と思われがちなストラディックと、ストラディックci4+ですが、実は構造が違って、ローターの形状からして違います。

マグナムライトローターを採用したストラディックCI4+のローターは、ci4+製の軽量設計。

ストラディックは、高強度樹脂製でやや重ため。

重たいストラディックの方が、慣性が大きい為、回り続ける力は大きい。ですから、巻き続ける釣りには有利です。

巻きの釣りがメインの場合、また、剛性感を求めるならば、無印のストラディックがオススメです。

’16ストラディックCI4+

自重  185g(2500HGS)
ボールベアリング数  6
定価  31,000(税抜き)

真打、’16ストラディックCI4+。

なんといっても軽い!

実はボディ&ローター双方ともci4+製(炭素繊維樹脂)のリールは、このストラディックだけです。

これが軽量設計に繋がっているわけですね。

懸念される剛性感も心配ありません。カチッとしたフィーリングを長期に渡って提供してくれます。

ワンピースベール

 

そしてワンピースベールによるライントラブルの少なさ。

さらに、ストラディックci4+のワンピースベールは、チタン製となっており、より軽量に、そして錆びにくい。

(ストラディックは、ステンレス製)

ライントラブルの少ないリールは釣りに集中できますね。

巻きごこち

 

個人的な感想ですが、巻き心地も良質。ぬめぬめとした良好な巻き心地。

コストパフォーマンス最高で、必ず支払った金額以上の仕事をしてくれます。

軽〜いci4+製スプールのおかげで、巻き出しの軽快感、巻き終わりの収束感共に◎。

スッと動き出し、スッと止まる。

まさに「クイックレスポンス」の名に恥じない名機です。

ikahime的推しリール

オススメはストラディックCI4+です。

 

ちょっと高い…分かります。すごく分かります。

でもでも、良く考えてみたら、タックルベリーに売れば、差額は取り戻せます。

安いリールよりも、リセールは当然良いので。

 

上達してきても、満足して使い続けられるのが、ストラディックCI4+以上のリールになります。

実際私の釣りウマの先輩達(道具に対するコダワリは人一倍)な人をも、満足させ、愛用しているぐらいです。

長い目で見たら必ず損はしません。

 

さらに、昨今、価格に見合わない高性能ロッド達が数多くリリースされてる為、ロッドに関してはそれほど高価なものを使用しなくても、十分な性能のものが市場にたくさん出回っています。

(オススメは、SHIMANO ゾディアス、SHIMANO エクスプライド、 DAIWA クロノス シリーズです。)

 

リールは少し奮発して、ロッドは安価な高性能ロッドを合わせる。

これが私の考える、入門者BEST BUYです。

ダイワを動かした

あまりのストラディックCI4+人気に、DAIWAから、ライバル機種である、「セオリー」がリリースされたほどです。

セオリーが無いときは、DAIWAのラインナップに、「ストラディックCI4+」の直接のライバルが不在でした。

1メーカーを動かすほどの人気、価格を超えた性能であるという事です。

まとめ

シマノのスピニングリールのチョイスで迷われている方に向けて、3万円台のリールまでについて、主な特徴を書いてみました。

「上位機種殺し」のストラディックCI4+で、バス釣りを快適にスタートしてみてはいかがでしょうか。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です