ほぼマックス満水の津久井湖でカバー撃ち。やっぱりテクニカルな津久井湖バス。

スポンサードリンク

ほぼ満水でカバー大量出現中の津久井湖。

カバー撃ちに興じてきました。

夏季水位に移行するまで、もう少しだけ楽しめるようです。

ほぼマックス満水の津久井湖

 

満水状態の津久井湖アタックに行ってきました。

何を隠そう、自宅から15分というロケーションなのです。

地理的にはまさにスーパーロコwしかし腕が伴ってない…

沼本ボートさん

 

沼本ボートさんにお世話になりました。

50艇という津久井湖最大のボート保有台数を誇ります。

 

リバーチャネルから一段上がった、「沼本ワンド」。

水位によって出船場所がワンド内orリバーチャネルと変化するのが最大の特徴です。

現在満水状態なので、ワンド内からの出船。

 

ボートを横付けして準備が出来るので、とても楽させて頂きました。

コンディション

 

午後から雨予報のローライト。

朝一水温は17度台。上流は冷たく、12度台!

さすがに、避暑バスさんはおりませんでしたな。(わざわざそんな寒いとこ行かない…ですよね??)

これから夏水位へ

これから6月に向けて、徐々に夏季水位へ移行します。(満水から-5m)

オカッパリが捗りますが、カバーやオーバーハングが皆無になるので複雑な心境です。

デコ

 

 

釣果はデコ。消耗してきました。

なんら参考になりませんが、以下’狙い’’立ち回り’です。

満水=カバー撃ち?

 

満水状態で、オーバーハングやカバーが出現中の津久井湖。

夏季水位になると、ほぼ全て無くなってしまうので津久井湖でカバー撃ちするなら今のうち!

というわけで、カバー撃ちをメインに据えてみます。

ドライブクロー&モコリークロー

 

フックサイズはスナッグレス性能を重視し、小さめの1/0で。

間違いないやつらです(*’ω’*)

中層アフター

 

それから、中層をふらふらしてるアフター系?のでかいヤツをO.S.P マイラーミノー等のミドストで狙ってみます。

目測ですが40後半ぐらいの結構デカイのが中層をフラ〜っと泳いでました。

たぶん、「口を使わせるのは極めて難しい個体」ってヤツです。そういうことにして下さいw

(結果、付け焼き刃のミドストじゃ話にならん。という事が分かりました)

 

立ち回り

 

まずは沼本ワンド内をチェック。

水通しがイマイチか?やや濁りがキツく入っています。

上流

 

次に上流チェック。

前述したとおり、水温が低すぎて無。

中流域

 

最後に中流域を流すと、生命感溢れるし、水も良い!

中流域で心中する事にします。

イケメンカバー

 

カバーやオーバーハングが無数に出現してはいますが、ブリンブリンの枝ぶりを誇る、「イケメンカバー」は意外と少なかったりします。

ぜんぶやってるとキリがないので、深く枝の入ったイケメンカバーのみを狙っていきます。

しかし無!

エアレーション

 

津久井湖名物、エアレーションです。アオコの発生を防ぎます。

…ネタが無さすぎて載せときますww

 

去年だかおととしのH1GPXで伊藤巧氏がエアレーションに絡んだ戦略を展開していて、驚いた記憶があります。

一種の’カレント’的な考え方も出来るという事ですな。

午後から雨

 

天気予報通り、午後から雨がパラつき、ふと気づくと湖上のアングラーが減っている…

なるほど。

午前中に良い魚GETして、午後は雨に濡れる前に撤収し、家族サービス。

クレバーな大人の時間の使い方ってヤツを見せつけられちまったぜ…

こちとら反応が無さすぎて雨の中残業…帰るに帰れねえ。グヌヌ…

フィールドのせいにしちゃダメ!

 

釣ってる方は釣っている津久井湖。

私がアジャスト出来ていないだけです。

エリアがダメなのかやり方がダメなのか。

そもそも持ってるモンが違うのか。

まとめ

コテンパンな津久井湖でした。

帰りが近いのが唯一の救いです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です