ダイワ 17スティーズA TW。打ちと巻き、どっちに適しているのか。

スポンサードリンク

ダイワ スティーズA TW。

フルメタルボディを纏ったタフネス系ハイエンドモデルで、’17年の再注目ニューモデルです。

そんなスティーズA TW、結局打ちと巻き、どっちに適しているのか。

DAIWA ブラックレーベル+7011HRBに合わせることを想定し、考察してみます。

メーカーミックス

さて、本題のスティーズA TWについてご紹介する前に、まずはメーカーミックスのお話をさせてください。

ここでいう「メーカーミックス」とは、ロッドとリールのメーカーがバラバラな事です。

 

何を隠そう、私のヘビータックルが現在、絶賛メーカーミックス中ですw

ダイワ ブラックレーベル+7011HRBと、シマノ ’07メタニウムMgを組み合わせています。

許せるか、メーカーミックスを

 

別に何か問題がある訳ではない、メーカーミックス。

ただしリールとロッドの相性が悪いとそのまま使えなかったりします。

かろうじて私のシマノダイワタックルは無加工で使えていますが…

イケテナイカモ

別に普通に使えますが、なんかカッコ悪いカモ。

洗練されてない感が。(あくまで個人的思考です)

 

ブラックレーベル+7011HRBはかなり気に入ってるので、新たにダイワリールを仕入れて、メーカーミックスを解消したい。

 

その場合、最適なダイワリールは何か。

今期最注目のリールである、スティーズA TWはどうでしょうか。

 

そこで、ダイワ スティーズ A TWのスペックを読み解き、私のシマノダイワタックルを解消してくれる、最適なリールを考察してみます。

まずはダイワ スティーズ A TWの基本スペックをご紹介。

ダイワ スティーズ A TW

 

今期大注目のNEWモデル、ダイワ スティーズA TW。

フルメタルボディで、自重は190g。

 

これまでのスティーズシリーズは、軽量設計がウリで、160g台でした。

しかし今回のスティーズA TWは、自重を犠牲にして、剛性重視のフルメタルボディ仕様となっています。

 

ざっくり特徴をまとめると、

・スティーズSV TW(ベースモデル)と比較して、メインフレームがエアメタル(マグネシウム合金)からアルミニウムになり、剛性UP&重量UP。

・ダイワリールのラインナップに欠落していた、剛性重視のハイエンドモデル。

・16lb100mと、多めなラインキャパで太糸使用のパワーゲームに対応。

・高剛性ボディによる、高い巻き感度。巻きの釣りに◎。

・MAX6kgの強いドラグ力

・エクストラハイギアの設定はなし

 

といったところ。

 

「待っていた」「ファーストロットで購入した」など、あちこちから称賛の声が上がり、求めていた方が多いのがうかがえます。

 

続きましては、合わせようとしているブラックレーベル+7011HRBを軽くご紹介。

ダイワ ブラックレーベル+7011HRB

ざっと特徴をまとめると、

・3DXによる高い復元力。

・ヘビーロッドにありがちな、ガチガチすぎて扱いにくいテーパーとはオサラバしたテーパー。

・扱いやすい「ハリのあるティップと、強靭なバット」を持つ

打ちモノだけでなく、重めのクランクベイトやスピナーベイト、さらにはジョイクロなどの2ozクラスのビックベイトまで扱える、ヘビーバーサタイルとして重宝しています。

メーカー統一してた

そんなダイワの名竿、ブラックレーベル+7011HRB。

以前は、DAIWA T3MXを載せて使用していました。

 

しかしT3MX、あまり重量バランスが良くなくて、持ち重り感があり、7011HRBのせっかくの軽量設計を殺してしまうのです。

さらにスプールの回転性能もイマイチで、使用感があまり気持ちよくない。

 

そこで仕方なく手持ちのシマノ ’07メタニウムMgを載せて、メーカーミックス仕様で使っています。

タフネスなスティーズA TWはヘビーロッドに最適?

結論から言うと、かなりマッチしそうです。

ベースモデルのスティーズSV TWよりも、より重量のあるルアーを扱うのに適しているスティーズA TW。

ヘビーロッドである、ブラックレーベル+7011HRBを、ヘビーデューティに使用する際には最適な存在ではないでしょうか。

いや、合わないか?

ただし、スティーズA TWの特徴には、「巻き」を意識したモノが多いんです。

・タフなフルメタルボディにより、堅牢性が高く、最高レベルの巻き感度をキープし続ける

・スティーズSV TWから受け継いだ、高パーミング性能なコンパクトボディ。

・剛性感からくる巻感度の高さ

・エクストラハイギアは未設定。

これら巻きの要素を重要視したスティーズA TW。

打ちモノや、重量級巻き物メインのヘビータックルにセットするのはもったいないような気もします。

うーん、ロッドとリールのマッチング、難しいですね…

 

まとめ

ヘビーデューティな、高剛性ハイエンドモデル、スティーズA TW。

どちらかというと、「巻き」をメインに据えた、ヘビーなグラスロッドなどに好適合。

 

もちろん、「打ち」をメインとしたヘビータックルでも、高剛性ボディ、重量級ルアーへの適応力により、その性能を発揮してくれるはず…

ですが、少しもったいない、ということになりそうです。

 

スティーズA TW脳内妄想の記事、失礼しました。

何が言いたいかよく分からない感じになってしまいましたが、妄想なのでお許しください…

 

結論:「DAIWA ブラックレーベル+7011HRBに、スティーズA TWを合わせると、タフネスさは活きるが、ややもったいない」

 

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です