ビッグベイト用リールまとめ。高剛性&巻き取り力の強いリール達。

スポンサードリンク

ビッグベイトに適したリールの条件とは何でしょうか。

メタルボディ、高強度なメインギア、深めのラインキャパ、といった条件が挙げられると思います。

そんなビッグベイトに適したリールをまとめてみました。

ビッグベイトに適したリールとは

まずはビッグベイトを投げるにあたり、適したリールの条件をまとめてみます。

金属ボディ

 

まずは絶対条件として、金属製のボディであること。これはビッグベイトを扱うリールを選ぶ際に絶対に必要な条件といえます。

近年、高強度樹脂を使用したリールが各社ラインナップの半数を占めています。

シマノはCI4+、ダイワはザイオン、アブガルシアはC6カーボン素材と呼ばれる、カーボン繊維を織り交ぜた樹脂素材をボディ素材に使用したリールです。

以前も記事にさせていただきましたが、これらのリールについて、実用強度には全く問題はなく、剛性は低くない、と考えています。

むしろ軽量設計によるアドバンテージが大きいので、積極的に使用を推奨する考えです。

しかしながら、ビッグベイトを扱う際には、当たり前ですがより剛性を確保できる、金属ボディのリールが適しています。

真鍮ギア

 

ドライブギア素材が真鍮ギアのリールをチョイスするのがベター。

一般的に、リールのドライブギアに採用されている素材としては、真鍮 or ジュラルミンが主流になります。

より軽量に作れるのはジュラルミン製なのですが、タフネス性能で考えると、真鍮 > ジュラルミン。

自重のあるビッグベイトを扱う際には、負荷がかかるのでよりタフな真鍮ギアを採用したモデルが適しているといえます。

深いラインキャパシティ

 

20lb~30lbという太糸の使用が当たり前になるビッグベイトゲーム。

なので、深いラインキャパシティを持ったリールが適しています。

※ドライブギア&ボディ素材確認方法

ボディ材質やドライブギアの素材を確認する場合、各メーカーからリールの仕様一覧が用意されているので、そちらを参照すると便利です。

以下の記事でリンクをまとめています。

私はビッグシューターコンパクトを使用。

…このあたりが絶対条件になってくると思います。

それを踏まえ、私はビッグベイトリールには、アブガルシアのビッグシューターコンパクトを使っています。

ビッグシューターコンパクトのインプレは別記事で書いてしまったので、ビッグシューターコンパクト以外にも、上記の条件にあてはまるリール達をまとめてみました。

正直に言って、すべてのリールを触ったことがあるわけではないのですが、過去所有や友人所有で触った事があるリールも多いです。

なので適当に言っているわけでもないという事をご了承いただければと思います。

という訳でご紹介していきますね★

アブガルシア レボ ビッグシューターコンパクト

 

アブガルシアのビッグシューターコンパクト。

剛性の高いアルミボディと、タフネスな大型真鍮ギアを搭載。サイドプレートまでチタンコーティングを施したこだわりの「フルメタル」仕様。

力の入れやすいEVA製の大型ハンドルを装備し、強い巻き上げを可能としています。

ラインキャパは太糸を想定した20lb100m。

ビッグベイト用リールとして非常に適した存在です。

アブガルシア レボ ブラック9

「強い釣り」が信条のキムケンプロデュースのアブガルシア レボ ブラック9。

そんな彼がリールに求める条件は、「壊れない」事。

ビッグシューターコンパクトを極限まで使い込んだ結果、生み出された要望を全て盛り込んだモデル。

結果、タフネスさを異様なまでに求めた「剛性のハイエンド」としてリリースされました。

キムケンさんのブログで誕生秘話が語られています↓

キムケンブログ

力強いリトリーブに対応する、ロングハンドル&EVAハンドルノブ。

真鍮ギアを更にコーティングによって更に高強度化。

ラインキャパは20lb80m。

シマノクラド

堅牢な真鍮ギア&アルミボディを採用し、シマノのパワー系リールのエントリーモデルとしてラインナップ。

実売価格で2万円を切るリーズナブルな価格が嬉しい。

ICAST2017で発表された、ニューモデルの「クラドK」はさらなる進化を遂げた要注目モデル。

シマノ ’14スコーピオン

クラドと基本設計を同じくする、’14スコーピオンもビッグベイトゲームに適した機種といえます。

違いはボールベアリング数(スコーピオン:7個、クラド:5個)

とギア比のみなのでお好みでどうぞ。

シマノ カルカッタコンクエスト

 

シマノのメタル系リールの雄、カルカッタコンクエスト。

アルミ製のボディと高い巻き上げ剛性を誇る真鍮ギア。

ビッグベイトロッドに合わせた際に、バランス負けしない自重もポイント。

ロープロリールにはない独特な味わいも名機たるゆえん。

シマノ カルカッタ

 

コンクエストの陰に隠れていまいち存在感の薄い、無印カルカッタですが、高い剛性感など基本性能はコンクエスト譲り。

さらにコストパフォーマンスも備え、ビッグベイトゲーム入門にも最適な存在です。

シマノ ’12アンタレス

堅牢なマグネシウム製フレームにアルミ製のサイドプレート。

重たいルアーとの親和性の高い37mmという大径のスプールを搭載。

一般的には、1/2oz以上のルアーのキャスト飛距離を極限まで高めたレーシングスペックなリール、という位置づけ。

しかしながら、高い剛性と、ある程度の自重(225g)でビッグベイトタックルでのバランスがとりやすい為、ビッグベイト用としても最適です。

ダイワ  タトゥーラ HDカスタム

ダイワ タトゥーラのHD(ヘビーデューティー)版。

太糸対応の深溝スプール、ドラグ力&ギア強化、100mmパワーハンドルとビッグベイトを取回す際に必要な装備を追加。

ダイワ スティーズA TW

長らく登場を待ちわびていたファンも多かった、スティーズA TW。

スティーズSV TWではエアメタル素材と呼ばれる「マグネシウム」フレームで、どちらかと言えば軽量重視の設計。剛性マニア泣かせのラインナップとなっていました。そこに箒星のごとく登場した、スティーズA TW。

剛性を最優先したアルミボディをまとった唯一無二の高剛性系ハイエンドモデルになります。

ダイワ Z2020

ダイワのロープロリール最強強度を誇る、Z2020。

スティーズA TWにも採用される「超高剛性高精度スーパーメタルハウジング」をまとった高剛性リールです。

さらにダイワの卓越したデジタル技術を駆使した「タフデジギア」を採用。

(鍛造ギアの数倍の精度で、歯面精度は従来比の10倍!)

ダイワのパワー系フラッグシップリールです!

まとめ

正直、極論を言えば、どんなベイトリールでもビッグベイトは投げれます。

しかし、剛性感や巻き上げ力の強いリールで扱ったほうがより快適に楽しむことができます。

ビッグベイトに適したリールをチョイスして、快適なビッグベイトゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ビッグベイトロッドの選び方★

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です